チェベレなライフをしよう!!

chevere08.exblog.jp

2009年からメキシコのオアハカでチェベレな生活をスタート! la mano magicaというアートギャラリーとハンドクラフトのお店やりながら、ぼちぼち子育てママしてます。

mano verde

いつもいっつも立ち寄りたくて仕方なかった、道端のガーデニアのお店。


やっと車を止められたので、ちょっとのぞいてきました。


小さな鉢植え、日本ほど種類ないけど、サボテンとかかわいらしい。


奥にはのっぽな数年物の木などもあって、迷路の中を歩くみたい。


寄せ植えように小さなプランタを買おうと思ったけど、そこに、なんとっ!!!!





ニラを発見!!(写真忘れた)


ちゃんと臭いも確認したよ。


店の人は「え?食べるの?この女、さてはチャイニーズ?」みたいな不審顔してたけど、そんなの構うものか!


さっそく株を増やして、ニラ玉にぎょうざにニラの味噌汁に・・・


あぁ待ち遠しい~♪


ちなみに、メキシコではこの植物は観賞用で、むらさき色の花を愛でるそうです。





そして、目的だったライムの木もゲット!種なしです。
c0180773_14395423.jpg



メキシコ料理には欠かせないライム。嘘かほんとか、除菌作用もあるみたい。


こちらでは「リモン」と呼ぶので、英語の「レモン」と混乱しがちですが、


レモンは「リマ」と言います。


高さ2メートル弱の細いライムの木には、すでに小さな実が付いていて、上のほうには白い花のつぼみがいっぱい!
c0180773_14402887.jpg
c0180773_14471441.jpg


しっかり根がついてくれるといいなぁ。


さて、以前、チェベレファームネタで、群馬の庭先に、テオドロの誕生記念を兼ねてライムの木を植樹した、というような記事を載せたのですが・・・


昨年、帰国した際には無残に枯れ果ててました(涙)


さすがに日中陽が当たるとはいえ、やっぱり南国生まれの植物には耐えがたい寒さだったんでしょうね。


ということで、今度こそ!という願いを込めて、テオティトランに穴掘って植えてきました。


今の時期、ほんとは良くないんだけどね。雨ぜんっぜん降りませんから。土、めちゃくちゃ硬かった。


ま、しばらくは日曜日ごとに植物の水やりです。


はたして、ニラにライム、生き残れるのでしょうか。


これぞ、緑の手の見せどころです!!(パパいわく、植物を上手に育てることができる人を、「緑の手」を持っているというそうです。)
[PR]
by chevere2008 | 2013-01-31 14:43 | Chevereの野菜作り