チェベレなライフをしよう!!

chevere08.exblog.jp

2009年からメキシコのオアハカでチェベレな生活をスタート! la mano magicaというアートギャラリーとハンドクラフトのお店やりながら、ぼちぼち子育てママしてます。

ラディッシュの祭り

ここのところ、いろんなことがてんこ盛りで、さてどこから書こうか迷うところですが、


12月23日「Noche de Rabanos」というイベントのことを書いておきます。
c0180773_14494186.jpg
c0180773_1451385.jpg



以前にも書いたかもしれないのですが、大根みたいに大きく育ったラディッシュをくり抜いたり、切ったり、貼ったりして、さまざまな形に仕上げて、それを展示する、という祭りです。

7月のゲラゲッツァ祭り、11月の死者の日に次ぐオアハカの大きな祭りで、クリスマス休暇に相まって観光客でごった返すイベントなんです。

生のラディッシュを使うので、この祭りは正味半日の短いもので、午前中から出品者によって飾り付けが始まり、夕方あたりからたくさんの人が長蛇の列を作って作品を見て回ります。

今年は歩行者天国のアルカラ通りだけでなく、ソカロ周辺の道も車の進入を禁止して、人人人だらけ。決して広いわけではないソカロにこれだけの人が押し寄せるんだから、大した祭りですよ。

案の定2時過ぎには100メートルくらいの列ができていて、夕方には1時間待ち以上だったそうです。

私たちは少し早目のランチにソカロへ行って、座った席から眺めました(いや、正確には展示を見学している人の尻を・・・)コリアンと思しきテレビクルーも来てましたよ。

夜は夜でカテドラルに色々なビジョンが映し出されて盛り上がっていたようですが、われわれは部屋のテレビで楽しみました。パパも事前にインタビューされていて、しっかりそれもチェックしたし(笑)

c0180773_14535441.jpg
製作過程をみるのは意外に楽しいかも♪

c0180773_14563486.jpg
c0180773_1533221.jpg


こんだけ人が見てるのに、テーブルにいっけんサツマイモのようなラディッシュが転がってるだけ、みたいなのとかあってメキシコだなぁ~とつくづく感じるものもあったりします。

トウモロコシの皮で作った作品(トトモスレ)やドライフラワー(紅花かな?)の作品(フロールインモルタル)もあって、手の込んだ作品たちをもう少し間近で見たかったなぁと思ったのですが、やっぱりちびがいるとねぇ~。本人ベビーカーに乗せられてなーんにも見えませーん!って感じでした。



ポサダあり、ラバノスあり、ナビダあり。とこの時期運よくオアハカに来られる方はかなり楽しめると思いますよ!
[PR]
by chevere2008 | 2011-12-28 15:08 | Oaxaca