人気ブログランキング |

チェベレなライフをしよう!!

chevere08.exblog.jp

2009年からメキシコのオアハカでチェベレな生活をスタート! la mano magicaというアートギャラリーとハンドクラフトのお店やりながら、ぼちぼち子育てママしてます。

Agua 

メキシコ、オアハカではそろそろ雨期が始まる。

2月に突如気温が上がり、風が吹き、大地を乾燥させ、3月、4月と夜も寝苦しいくらい暑い。日中はわずかにできた建物の日陰を、人は一列になって歩く。日向を歩く人はまさに勇者!

そして、セマナサンタが過ぎると、夕立のような雨が降り始め雨期の始まりを告げる。恵みの雨だ!

治水設備のないものだから、道はすぐに川になり、やがて太陽の熱で蒸発してしまう。この水、溜めて利用しようってことしないのだろうか。頻繁に道路工事はしているものの、道に側溝を作っているようには見えない。もったいないなぁ。

c0180773_20163494.jpg
アグアカテ(アボカド)の花


普段、飲料水はペットボトルかガラフォンという20リットルくらい入ったタンクを買う。口に入れるものにはすべてこの水を使うのであっという間に空になってしまう。

そして、食事のときにはフルーツ水を作って飲んでいた。たっぷり砂糖を入れて!

定番はやはりライム。通年マーケットで1袋1kgくらいが10とか20ペソで買える。値段の違いは、時期やサイズ。大きいものは量が少なくても高い。だから、いつも小粒のを買ってはせっせとプレッシャーで絞ってライム水を作る。

c0180773_20143267.jpg

そのほかに、サンディア(すいか)、ピニャ←ピニャコラータのピニャです(パイナップル)、ペピーノ(きゅうり)、マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツなどがある。


そしてこの時期、町のいたるところで売られているシルウェラという赤い実。黄色や緑もある。さくらんぼ程の大きさで、中実は黄色をしている。りんごのような甘い香りで、柔らかくておいしい♪
アセロラかなぁと思っていたのだけど、どうやらプラムらしい。認識のあるプラムはきっと品種改良されて、卵大の大きさになったものだろう。メキシコのは原種ってことか。とにかくこれは冷たく冷やしてそのままいただくのもいい。
ミキサーにシルウェラと水を入れて種ごとミックスし、漉して、砂糖を足して飲む。


それから、サポテという果物。よく熟れたものを食す。皮は緑で、中身はこげ茶。ぐにゃっとするから皮をむくのは一苦労。メキシコ人はこれをスプーンですくって・・・などとお上品なことはせず、ガブリとやる。手も顔も真っ黒、ベトベト(笑)味はまさに甘~い干し柿!!種もどことなく柿に似ている。皮と種をのぞいたサポテをミキサーに入れ、水を少しずつ足しながらさらっとなるまでかき混ぜる。そして漉す。砂糖は不要なくらい甘い。

c0180773_2012566.jpg
グラナダ(ざくろ)


きっと雨期になればもっともっと見たことないフルーツがマーケットに並ぶだろう。日本ではなんでも手に入るといっても、まだまだ世の中には見たこと、味わったことのないものがいっぱい。ローカルな味を楽しむのも旅の醍醐味!ぜひローカルなマーケットへ出掛けてみよう♪



※※※ お腹の弱い人は水もの、カットフルーツなど危険なにおいのするものは避けるように。必ず、フルーツは目の前でカットしてくれるもの、または皮つきのフルーツを買って洗ってから食べましょう。ドリンクはアイス抜きで!それから、観光地などで物売りが売っているボトルウォーターは空のペットボトルに詰め替えただけのものもあったりするので、よく確認しましょう!
by chevere2008 | 2011-04-24 20:20 | Mexico