チェベレなライフをしよう!!

chevere08.exblog.jp

2009年からメキシコのオアハカでチェベレな生活をスタート! la mano magicaというアートギャラリーとハンドクラフトのお店やりながら、ぼちぼち子育てママしてます。

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Dia de Guadalupe

12月12日は、メキシコの聖母グアダルーペのお祭り。

この数日前から、グアダルーペをかついで、街を練り歩くカレンダが見られました。

小さな子どもたち、女の子はダンサ デ チナというみつあみの踊り子さん、男の子はサン フアニートという男性の恰好に、たまに炭で髭をかかれて、バンドと一緒に練り歩きます。

そして、12日当日は、ジャノ公園(parque llano)というセントロの一番大きな公園にある教会に、お祈りに行きました。

もちろんテオドロはフアン ディエゴの衣装を着て。今年は髭なしです。衣装着させるのも一苦労だったんで、まして顔に大人しく落書きさせるはずもありません。

グアダルーペは、子どもの健やかな成長を祈り、ご加護を乞うというご利益というのかがあるそうで、だいたい3歳くらいまでこんな衣装を着させて、もちろんどんな大きな子どもでも、この日に教会でお祈りをするそうです。

まぁ、うちはなんちゃってキリスト教なので、チビに衣装を着せたいがために、この日があるようなものですが。

それにしても小さな赤ちゃんに衣装を着せて、長い時間長蛇の列をつくっている親たち(親より特におばあちゃんが真剣)。見てて哀れになります。

わたしたちは、脇からずんずん入って行って、聖水かけてもらっておしまい。

教会の一番近いところには、フアン ディエゴの前に現れたグアダルーペのシーンを再現したセットが置かれ、そこで記念撮影!っていう商売が。

ついつい私たちも。50㌷で大きな写真にプリントしてくれます。久々の家族3人の写真。
[PR]
by chevere2008 | 2012-12-22 23:25 | Oaxaca
昨日の日曜日は、3年ぶりにBenito Juarezという山の頂上にある小さな山村に行ってきました。

オアハカではエコツーリズモのメッカのような自然いっぱいのところで、空気が澄みきってて、マイナスイオンが降り注いでいる場所です。

Teothitlanからのぼるルートでは大体45分~1時間くらいで到着します。

ふもとでは、乾燥して、サボテンと枯れ草くらいしか見ない植物も、徐々に高度が上がると広葉樹の低木から大木と変わっていき、(それでも点々とサボテンが見えるのがメキシコっぽい)、最後に松の針葉樹林が現れます。そのコントラストを楽しむのも、山登りの面白さ。

余談ですが、ここの松林では「MATSUTAKE」が採れるようですよ!!

日曜日だというのに、数時間の滞在中出会った人間の数8名!牛より少なっ!!

まず、第一の目的は、クリスマス飾り用の木と苔と松ぼっくりを持って帰ること!

私のひそかな目的は、天然の腐葉土を私の畑に持ち帰ること!大きなポリ袋3つ(欲張りすぎ!)持参したけど、結局チビを担いでだったんで叶わなかった(涙)

そして、ここの名物マス料理を食べること!

頂上付近まで、ふもとのTeotitlanのエリアで、パパは将来ここに山小屋を建てるんだそうだ。

うん、テオティトランより楽しそうだし、景色も空気もいいし、いいかもね。

私も山育ちの野性児で、学校前にはいっつもじいちゃんばあちゃんにくっついて山を歩いていたんで、木の葉が敷き詰められたフワフワの斜面を、物色しながら歩くのは楽しかったです。

久々に開放感を味わいました。

c0180773_15242297.jpg

c0180773_15403241.jpg
c0180773_15432289.jpg
巨大竜舌蘭!!
c0180773_15454981.jpg
c0180773_15464018.jpg
「太陽の石」にて、絶景!!手前のもの、まさにワイルド~な感じでしょ?

たいして歩いたわけではないけど、よく冷えたビールもマスのムニエルもトスタダスもめちゃくちゃおいしかった!
c0180773_15475688.jpg

パパは興奮のあまり(?)イスからひっくり返ったからね。体重重くて、イスの足が折れたって話ですが。。。

私たちが食事をしたコメドール(食事処)の下には、ちょっぴり近代的な山小屋があって、この時期は暖炉に火を入れてくれるので、1泊2泊するのもいいかもです。

真冬になると、このオアハカでも雪が降るような場所なので、暖炉なしではツーリストさん凍死する!可能性もあったりして。

眼下にテオティのダムと村と、さらにオアハカバレーが見渡せる山頂なので、オアハカ滞在に余裕がある方にはお勧めです。




* * * * * *



さて、ニューヨークから戻ったとたん、アレルギーでまる1週間声が出ず、ようやく通常通りに戻りつつあります。

テオドロも最初は「まま、まま」で一時も離れてくれず、でも私が声が出ないので構ってあげれず、ようやく1人で遊べるようになってきました。

戻ったはいいけど、イベント目白押しの12月にすでに突入してまして、またまた調子が狂いそう。

8日はフキーラ、12日はグアダルーペ、18日はソレダーと聖母のお祭りが続きます。

12日は子どもが独特の衣装をきて、グアダルーペ寺院に参拝する習わしで、テオドロもフアン・ディエゴに変身します。写真はおいおい。

それから14日にはポサダ、23日はnoche de Rabanoラディッシュ祭り、24-25日がNavidad、31日がFin de Ano。

そして、la mano magica でも23日に絵画のオークションをやります。今回は準備期間が若干あったので、手が込んだ演出を企画実行中でございます。

・・・

と、まぁまぁ祭り好きメキシコ人の血が騒ぐ12月ですよ!!



とりあえず、家族みんな健康で年越しできますように・・・

と日本人らしく慎ましく願っているのであります。
[PR]
by chevere2008 | 2012-12-11 16:03 | Oaxaca