チェベレなライフをしよう!!

chevere08.exblog.jp

2009年からメキシコのオアハカでチェベレな生活をスタート! la mano magicaというアートギャラリーとハンドクラフトのお店やりながら、ぼちぼち子育てママしてます。

カテゴリ:Mexico( 37 )

BUEN FIN:)

先日、大型ハリケーン「サンディ」に見舞われたニューヨーク。


ようやく復旧作業終えたようです。


そんなニューヨークへ、息子と2人旅、決行します!


寒さとか念頭に入れず、とりあえず、知人がいて、日本人経営の宿があって、日本食(寿司)が食べられて、そのほかおいしいものが食べれて、飛行機と電車とバスと船に乗れるところ。


と、いう条件で探したらニューヨークになったんです。


観光ビザで入国している私たちは、180日(6ヶ月)毎にメキシコを1度でなければなりません。


早くビザの滞在ビザの手続きすればいい話なんですが・・・


たまの海外旅行に行けるので、もうしばらくビザは放置~!


とりあえず、飛行機(マイレージの無料航空券)と宿泊先決めて、さてニューヨークとはどんなとこぞ?と検索。


なかなか見どころいっぱいで面白そう!


メキシコでのストレス発散で、たくさんショッピングしてしまいそうな予感。


きっと見るものみーんな素敵に見えるんだろうな。


で、その買い物欲をあおるかのように、black Fridayの翌日に到着することになっているんです!(たまたまですよ)


11月第4週の木曜日がアメリカのThanks giving day


そして翌日から1年で1番大きなセールが始まるんです。これがブラックフライデー!


あるショッピングモールは、金曜日に日付が変わったと同時にオープンするらしく、調べているとこの日限定で、ショッピングツアーが掲載されています。


寝ずに買い物・・・すごい力入ってますね!


カナダにそんな日があったのかは覚えていないのだけど、メキシコには存在します!サンクスギビング(Dia de gracias???)はないけれど。


それが「BUEN FIN:)」 ←この絵文字必要なのかは不明。どうやら統一のロゴらしい 


Buenはgood, finはfinal or end


このFinが週末を指すのか、年末を指すのか未確認ですが、そんな女性をわくわくそわそわさせるバーゲンセールがほとんどの店で16日、明日から始まります!!


うちの従業員も「新しい靴を買いたいんだけど、20%オフの安いほうと25%オフの高いほう、どっちがお得かなぁと計算機たたいてました。


この時期、みーんな大きな出費をするみたい。


そして、クリスマスに新年と出費続きでいたいですね~。


私はもし時間があったら、ニューヨーク用にブーツと、テオドロの少し丈の長めのダウンジャケットを見つけようと思います。


1年後用に用意したテオドロの冬服、体重は増えないのに身長がだいぶ伸びたみたいで、ほっとんどの服が短めなんです。


さすがのニューヨーク、おなか出しているわけにもいかないし。


現地行ってから買うのが質がいいものが手に入っていいと思っていたんだけど、せっかくなのでこのBUEN FIN利用しようと思います。


それから、ついにカメラ壊されました。


ニューヨークに行った際には新調しようと思っていたけど、あと1週間以上カメラなしでは仕事もできないんで、週末にウォールマートあたりで物色してみる予定。


よく考えたら、このチビ連れて家電ショップなんて行ったら・・・ニューヨークはやっぱり、テオドロ中心に公園とか広い場所でまったりすることになるでしょう。


もう少し大きくなったら、我慢も覚える(だろう)けど、まだまだ今は興味のほうが優先ですから。


テオドロが飽きないってのが今回の旅のポイント!お互い楽しめるよう、いまから体調管理万端で、お金もそこそこセーブして、メキシコのBUEN FINをやり過ごそうと思います。




Buen fin de semana!! よい週末を!!
[PR]
by chevere2008 | 2012-11-16 14:38 | Mexico

街角パフォーマンス

c0180773_13324653.jpg

子どもたちが、お小遣い稼ぎにやってました。


オアハカは貧しい家族が多くて、よく街中でガムやたばこと売っている子を目にすると、とっても居たたまれない気持ちになりますが・・・


このパフォーマンスは、ハロウィンでお菓子をおねだりしてるのと同じで、とてもほほえましい。




「trick and treat!!」




ま、こんな子たちが1ブロックに5組も寝転がってたんですけど。
c0180773_13332071.jpg

[PR]
by chevere2008 | 2012-11-03 13:35 | Mexico
話は2ヶ月も前に遡りますが、とりあえずメキシコシティ回想録締めくくっておかねば!

といいますか、独立記念日にこの話題でも書こうかな~なんてずるずるもったいぶってたら、いつの間にやら時は過ぎ・・・頭の中ではあれもこれも話題は詰まってるのに、ジャストインタイムでお伝えできないのが申し訳ない。





さてさて、旅の締めくくりは食べ物で。


ということで、早朝メキシコシティを立つ予定だったのに、いきなり「朝食食べてからにしましょー」ってことになり、ホテルから少し離れた「CASA DE AZUR」(青い家)という青いタイル(タラベラ)の有名な建物へ。
c0180773_12393456.jpg


Sanbornaというメキシコシティではいたることろに見かけるファミリーレストラン兼デパートがはいっているのですが、一段と格式が高くて、観光客でごった返しています。
c0180773_12421246.jpg

c0180773_1244555.jpg

味は中の下ってところでしょうか。ま、雰囲気を味わうところなんですかね。

オアハカにはないCDやらDVDやらチョコレートなんかを物色するにはいいかも知れません。

あ、オアハカにはADOのバスターミナル前にColibriっていうレストランが同じような感じかな。
c0180773_12485181.jpg
c0180773_12503347.jpg

テオドロはやはり席にじっとしているはずもなく、店であちこち物色です。

ちなみにここのトイレ、店のレシート見せるか5㌷払うかして利用できます。広くてきれいです。




さて、これで帰路に着くわけですが、これまた寄り道。さっきご飯食べたばかりなのに、もうランチの話になって、「じゃあプエブラ攻めちゃいますか?」みたいなのりで、ハイウェイを途中下車。

懐かしのプエブラ市内。私をここで降ろして!!と思わず口にしそうになった。

やっぱりオアハカとは格段に違う。大都会!!

そして、オハケーニョたちは「プエブラもなかなかやるな~」程度の口調で、ライバル視。まったく相手になってませんけど・・・。

そして、向かったのは・・・名前忘れた(汗)

とにかくセントロのカテドラルからすぐの場所。「フォンダ ○○」
c0180773_13161644.jpg

プエブラ発祥の料理といえば、「チレ エン ノガダ」
c0180773_13182014.jpg

国旗と同じ白赤緑にちなんで、独立記念日によく食べられる、という知識はあったけど、まだ未体験の料理を早速オーダー。

数年越しのご対面ということでかなり過剰に期待してしまったせいかも。

結果・・・涙が出るほど、ま・ず・い!!

すでに口の中で起きたことは忘れてしまったので、詳細書けませんが、まずかったってことだけは鮮明に覚えてて、2度と口にすることはないだろうと確信した。

見た目はかわいいのに~!

これに関してはオアハカ料理が快勝!!みんな万々歳だよ。




ということで、このメキシコシティ旅行の締めくくりは、かなり凹んだ思い出ができたのでした。

それでもプエブラはプエブラなりに私は大好きだけど。

狭い車にギュウギュウ詰めっていうのもあって、ほとほと疲れた旅行でした。ちょうどハリケーンが通過中で大雨の中の山岳ドライブだったので、自分運転してないけど、神経ピリピリしてた。

本当に無事帰ってこれてよかったですね。
[PR]
by chevere2008 | 2012-10-11 13:20 | Mexico
メキシコシティ滞在2日目は、個別行動で。

私がどーーーーーしても行ってみたいと思ってた日本食レストランと、パパの知人のオフィスが同じコロニアルローマという地区にあって、今日こそは!!と気合いれて出掛けました。

2日連続で、予定よりかなり早く到着(笑)

11時のアポイントメントまで、閑静な住宅街の中の立派な公園で、テオドロはたっぷり遊びました。
c0180773_14345337.jpg
c0180773_14354521.jpg
c0180773_14371916.jpg
c0180773_14382414.jpg


最近は、同じ年頃の子たちに混ざって遊べるようになったよ。ってか、どんどん付いて行ってしまう。

でも、メキシコの子供たちって自分が年上だと、ちゃんと下の子に譲ったり気に掛けてくれたりして、とっても優しいの。


c0180773_14391859.jpg
c0180773_14401475.jpg

どこのだれだか、とてもやさしい人が木やベンチにセーターを編んであげたみたい。ステキ!

さて、Artes de Mexicoという出版社の編集長をしているマギーはとっても忙しくて、自宅で昼食に招待してくれたのですが、それまでまたもや時間が空いてしまい・・・

と思ったら、彼女のドライバーさんがチャプルテペックの公園まで送ってくれ、ここでもまた時間つぶし。

せっかくCol.ローマにいたので、私の目的のレストラン行きたかったんだけどなぁ。ランチ誘われちゃったからしかたないか。

で、動物園でもなく、アンソロジーミュージアムでもなく・・・
c0180773_144289.jpg

3人でボートに乗って

公園に住んでるリスにオアハカから(なぜか)持参し手元に(なぜか)あったトスタダスをあげて
c0180773_14441519.jpg

お迎えの車に乗って、とんぼ返り。

しばし、オフィス兼ショップで時間を潰し
c0180773_1445913.jpg
c0180773_14455112.jpg
c0180773_14472225.jpg


同じ地区のマギーのおうちへGO!!



うわぉーーーー!!って叫んでしまいそうなほどおしゃれで素敵な自宅。

そうそう、家ってこう機能するもんだよ!って思い出させてくれる、あたりまえだけど整理整頓された室内。

我が家って・・・・

悲しくなるなぁ。。。

ボタナ(酒のつまみ)にオアハカ持参のチャプリン(バッタ)やチチャロン、オアハカチーズが出されたんだけど、器がちがうと何だか味まで変わるのねって感じで、勉強になりました。

テオドロはラブラドールのUMAちゃんととっても仲良くやってました。
c0180773_14512144.jpg


久々にマギーの家族も勢ぞろいで楽しいランチ♪もっとスペイン語勉強しなきゃ!

でも、疲れてるときって、スペイン語は付けっぱなしのラジオみたいにまったく耳に入ってこないんだよね~。

このころから、極度に疲労を感じ始めて、この後移動したコヨアカンの美術館で、ばったり奇跡的にお会いした日本人の知人に会うまで、ほんとスペイン語が右から左に抜けてってた。

この疲労、1時間弱とは言え、ボート本気でこいでしまったからに違いない。

それと直射日光。不覚・・・


その後も、なぜがパパの知り合いにも偶然に再会したりで、寝てるテオドロ担いだまま、長丁場の会話が続いたりしたんで、大人2人帰りのタクシーでぐったり。

息も絶え絶え(笑)ホテルにたどり着いて、テオドロがいつ寝たのかも記憶にないほど、バッタンキューだったのです。

そうして、日本食を食べずじまいの2日目があっという間に終わってしまいました。

都会は刺激と奇跡がいっぱいで、楽しい。




3日目につづく・・・
[PR]
by chevere2008 | 2012-08-13 14:57 | Mexico

メキシコシティ3日間

半年ぶりのメキシコシティです。

今回は、パパの友人の車に5人半(2歳児)が乗り合わせて、6時間の道のりを道中賑やかに行ってきました。

テオドロは始終機嫌が良かったけど、やっぱり動きたい盛りで、力も強いのでほんと、狭い場所に閉じ込めておくのは大変。

相当疲れました~。




出発は午前7時。パパいわく「8時出発じゃない?」なんていうのを真に受けて、6時半に目覚ましかけてのろのろ準備してたら、時間ピッタリに来るじゃないですか!?

ダッシュでテオを起こして出発。

13時30分、さすがにメキシコシティまで何度も通っている人だけあって、シティに入ってからもまったく迷わず、ソカロ周辺のホテルに到着。

すぐにランチへ。チャイニーズかアルゼンティーノで迷ったけど、私は翌日日本食レストランに行く気満々だったので、、アジアを避けてアルゼンチンへ。
c0180773_1248194.jpg

c0180773_1249589.jpg


私に決定権を譲るなんて、同情かしら?ついさっき、サッカーメキシコに負けたからね。日本ではどんな反応だったんでしょう?

セットメニューとビールをたんと味わって、パーティーまでの間一休みしましょう、なんていってたのに、ホテルに戻ったらほとんど休む暇なく、シャワー浴びて着替えて出発。前日3時間しか寝てないんで、すっごい期待してたのに・・・スケジュール通りにはいかないのが、団体行動の不便なとこ。ま、パパと行動するといつもこうだけど。

今夜は、Bellas Artes という総大理石造りの劇場で、友人の作家さんの授賞式展が行われることになってて、みんな気合入ってた。入りすぎて開場時間のだいぶ前に着いちゃったもんね。
c0180773_1250378.jpg
c0180773_12513790.jpg
c0180773_12524854.jpg
「仲良く遊びましょ~♪」

で、さていよいよって時にテオドロじっとしていられなくなり、退場。ちゃんとした式典なので、子どもが泣いたら出てくださいねって言われてたので戻ることもできず、外は雨降ってるし、2時間冷たい大理石の上をたったり座ったりしてましたよ。こういうとき、大理石は恨めしい・・・。っていうか、ベンチの一つもないなんて!

ようやくドアが開けられて、会場に入れたら、あれ?みんないない。みなさん、バルコニーで軽食とドリンクを楽しんでおりました。
c0180773_12544746.jpg

c0180773_12562313.jpg



今回のオーナーのビクトルさんは、写真の嵐。なかなか一緒にとれなかったけど、やっぱり地元オアハカの仲間の顔を見た途端、近寄ってきましたよ。フチタンにも同じ顔触れで行ってるからね~。

彼の今までの功績をたたえて、金メダルが授与されて、偉大なる作家として殿堂入りしたようです(いまいちわかってないんですが)。
c0180773_12552824.jpg


文学界ではとってもえらーい人たちがいっぱいいたようですが、みんなスペイン語話してるんで(当り前か)ちんぷんかんぷんだから、とりあえずニコニコ笑って、テオドロの話して、ワイン飲んで、モレソースのサンドイッチ食べて、写真撮って帰ってきました。

はい、もう限界です。
c0180773_12593132.jpg

Rufino Tamayoの大きなキャンバス画が素敵でした!あと、大都会の夜景も♪


2日目につづく・・・
[PR]
by chevere2008 | 2012-08-11 13:05 | Mexico
ご無沙汰してます!

なんだかんだありましたが、テオドロと2人メキシコへ戻りました。

雨季が始まったようで、日本の汗ばむ気候から、夏を通り越してまた冬に向かっているような涼しさなので、二人とも体調崩しまくってます。

あぁ、太陽ガンガン、蒸しっとした日本の夏が恋しいよ~。




しかーし、夏の風物詩 「蚊 モスキート」は健在で、服の上からでも刺してきやがるので、PCに向かって5分もしないうちに全身痒さに見舞われます。

なので、なかなかブログも更新できず(いいわけですが)。

我が家は半オープンスペースに各部屋が設けられて、ドアのある寝室意外ほぼ全域で蚊に遭遇します。

蚊取り線香の効果もないんで、我が家の蚊はどこにでも行きたい放題、やりたい放題なわけで。

ただいま、靴下の上から足首数か所刺され、もがいてます。

幸い(?)体質なのか、メキシコの蚊の特徴なのか、ぶり返すことも跡を残すこともないので助かってますが、ぶり返す前にまた新たに刺されるって感じなので、日々苦しんでます。




というわけで、痒さも限界にきてますので、今日はここまで。退散です。

また次回、蚊取り線香3つくらい付けて、万全でアップするようにしますね。

話題はいっぱいあるんですよ~。

では、ではおやすみなさい。








かゆーーーーーーい!!
[PR]
by chevere2008 | 2012-06-22 13:31 | Mexico
オアハカでのチャリティーオークションまで、あと2日となりました!!

たくさんのアーティストさんが、この企画に賛同してくださり開催されます。

どんな作品が出されるのかといいますと・・・

c0180773_2249974.jpg
Juan Alcazar
c0180773_22492983.jpg
Rufino Tamayo
c0180773_22494246.jpg
Sinzaburo Takeda
c0180773_2250563.jpg
Rodolfo Molares
c0180773_22502996.jpg
Arnurfo Mendoza
c0180773_231389.jpg
Ruben Leyba
c0180773_22504879.jpg
Maria Luisa de Villa
c0180773_2251844.jpg
Maximino Javier
c0180773_22512990.jpg
Sergio Hernández
c0180773_22514273.jpg
Natividad Amador
c0180773_23224695.jpg
Felipe Morales



いかがですか?

以上はほんの一部です。他にもたっくさんあって、どれも素晴らしいです。

オアハカには本当に多くのアーティストがいますが、その中でも超一流の選りすぐりの作品ばかりが揃っていますよ!

オークションはサザビーズ並に盛り上がってしまうんじゃないでしょうか!?

楽しみですね~♪

メスカル片手に、他の参加者との駆け引きを楽しみつつ、お気に入りの1品を競り勝ってみたい!

すでに気持ちはオアハカに飛んでいます!

たくさんの方のご来場をお待ちしていまーす♪



2011年7月30日(土) 19:00~
Galeria la mano magica(203 M.Alcala, Oaxaca)
c0180773_23101751.jpg

[PR]
by chevere2008 | 2011-07-28 23:26 | Mexico
太平洋の向こう側、日本から遠く離れた国メキシコで、今回の地震被害を同じように悲しみ、復興を信じ、助け合おうと立ちあがった人たちがいることを知ってください。

c0180773_22204617.jpg


7月30日土曜日 午後7時~ オアハカの町の中心アルカラ通りにあるアートギャラリー la mano magica(ラマノマヒカ) にて、メキシコを代表するアーティストの絵画などを出展し、オークションが開かれます。



オアハカ出身の偉大な画家ルフィーノ・タマヨロドルフォ・モラレスフランシスコ・トレドの大変貴重な作品も出展されています。

ギャラリーのオーナーで画家でもあるアルヌルフォ・メンドーサは、約20年程前に日本へ若手アーティストとして招待され、そのワークショップにて日本のインスピレーションや技術を用いて織りあげたタペテを出展しております。今回実際に日本に滞在中に大地震に遭遇し、日本への思いがひと際強いようです。

メキシコに魅了され、40年以上もメキシコで制作活動され、オアハカの大学の学部長も務めていらっしゃる竹田しんざぶろう先生の作品や、カラフルな色彩とインディアン色の強いモチーフを使ったメキシコ・オアハカらしい若手、ベテランアーティストの作品などが多数提供されております。


オアハカに先駆けて、メキシコシティ、グアダラハラでも開催されており、今回は特別ゲストとして在メキシコ日本大使がいらっしゃるということで、現地は大変盛り上がっているそうです。

たくさんの方々が地震の被害にあった日本のために協力してくれています。

このオークションの売上が被災地の助けになります。




ゲラゲッツァ祭でにぎわっているオアハカ。すでにメキシコへ旅立たれている方も多いと思います。

ぜひ土曜日の夜、ギャラリーla mano magicaにお立ち寄りください。

メキシコで、臨場感あふれるオークションに参加できるのも貴重な経験です。そしてチャリティーに参加してみてください。旅の記念にお土産として(多くの素晴らしい作品が、旅行者でも手の届くプライスで提供されています)買った1枚の絵が、母国の助けになります。

会場には日本人の方がおりますので、安心してご来場くださいね。
[PR]
by chevere2008 | 2011-07-27 23:16 | Mexico

Agua 

メキシコ、オアハカではそろそろ雨期が始まる。

2月に突如気温が上がり、風が吹き、大地を乾燥させ、3月、4月と夜も寝苦しいくらい暑い。日中はわずかにできた建物の日陰を、人は一列になって歩く。日向を歩く人はまさに勇者!

そして、セマナサンタが過ぎると、夕立のような雨が降り始め雨期の始まりを告げる。恵みの雨だ!

治水設備のないものだから、道はすぐに川になり、やがて太陽の熱で蒸発してしまう。この水、溜めて利用しようってことしないのだろうか。頻繁に道路工事はしているものの、道に側溝を作っているようには見えない。もったいないなぁ。

c0180773_20163494.jpg
アグアカテ(アボカド)の花


普段、飲料水はペットボトルかガラフォンという20リットルくらい入ったタンクを買う。口に入れるものにはすべてこの水を使うのであっという間に空になってしまう。

そして、食事のときにはフルーツ水を作って飲んでいた。たっぷり砂糖を入れて!

定番はやはりライム。通年マーケットで1袋1kgくらいが10とか20ペソで買える。値段の違いは、時期やサイズ。大きいものは量が少なくても高い。だから、いつも小粒のを買ってはせっせとプレッシャーで絞ってライム水を作る。

c0180773_20143267.jpg

そのほかに、サンディア(すいか)、ピニャ←ピニャコラータのピニャです(パイナップル)、ペピーノ(きゅうり)、マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツなどがある。


そしてこの時期、町のいたるところで売られているシルウェラという赤い実。黄色や緑もある。さくらんぼ程の大きさで、中実は黄色をしている。りんごのような甘い香りで、柔らかくておいしい♪
アセロラかなぁと思っていたのだけど、どうやらプラムらしい。認識のあるプラムはきっと品種改良されて、卵大の大きさになったものだろう。メキシコのは原種ってことか。とにかくこれは冷たく冷やしてそのままいただくのもいい。
ミキサーにシルウェラと水を入れて種ごとミックスし、漉して、砂糖を足して飲む。


それから、サポテという果物。よく熟れたものを食す。皮は緑で、中身はこげ茶。ぐにゃっとするから皮をむくのは一苦労。メキシコ人はこれをスプーンですくって・・・などとお上品なことはせず、ガブリとやる。手も顔も真っ黒、ベトベト(笑)味はまさに甘~い干し柿!!種もどことなく柿に似ている。皮と種をのぞいたサポテをミキサーに入れ、水を少しずつ足しながらさらっとなるまでかき混ぜる。そして漉す。砂糖は不要なくらい甘い。

c0180773_2012566.jpg
グラナダ(ざくろ)


きっと雨期になればもっともっと見たことないフルーツがマーケットに並ぶだろう。日本ではなんでも手に入るといっても、まだまだ世の中には見たこと、味わったことのないものがいっぱい。ローカルな味を楽しむのも旅の醍醐味!ぜひローカルなマーケットへ出掛けてみよう♪



※※※ お腹の弱い人は水もの、カットフルーツなど危険なにおいのするものは避けるように。必ず、フルーツは目の前でカットしてくれるもの、または皮つきのフルーツを買って洗ってから食べましょう。ドリンクはアイス抜きで!それから、観光地などで物売りが売っているボトルウォーターは空のペットボトルに詰め替えただけのものもあったりするので、よく確認しましょう!
[PR]
by chevere2008 | 2011-04-24 20:20 | Mexico

年末のプエブラ旅行2009

2010年も残るところ4日となりました。早いです。早すぎです。30歳越すと急加速しているかのように、あっという間に1年が終わってしまいます。

去年から今年にかけては、本当にいろっいろなことがありすぎた感がありますが、それでも、いや、だからこそあっという間と感じるのかもしれませんね。




思い起こせば、2009年の11月渡墨し、言葉の通じないストレスと予想外の寒さで風邪を長引かせ、ついには24日のクリスマスからまったく声が出ないという状態に。

なので、彼の家族と過ごした初めてのクリスマス、なーーーーんにも覚えてない涙

そんな状況でも、ストレスから逃れるべくプエブラへ友人の結婚式に出かけて行ったのでした。

定宿はHOTEL DEL PORTAL

ソカロを見渡せる絶好の場所にあるのに、かなりリーズナブル!フロントは英語×だけど、とっても親切。ここのレストランの食事もかなりイケてます!



ホテルに私をピックアップしてくれるはずの友達が大遅刻し、さらに道に迷い、結局教会式の終了間際に到着。

隣町のチョルーラ(Cholula)という教会がたくさんあるかわいらしい街には、以前2回ほど連れてきてもらっていたし、式をやったトナンティンツラのサンタマリア教会は異種独特の内装で、強烈に印象に残っていた。

こんな素敵な教会で式を挙げた2人。

いつもに増して幸せそうだったな。
c0180773_2337131.jpg

c0180773_23393852.jpg
c0180773_23401929.jpg


そのまま、ホテルへ移動し、日本と同じように披露宴が始まり、中盤からはずっとダンス大会。

こういうときのために、少しはステップを習っておくべきかも。

花嫁の投げたブーケは、天井にぶつかって落下というハプニングがあり、足元に落ちた私が一応キャッチしたことになって、すみません的な雰囲気になったような・・・はは。
c0180773_23431650.jpg

みんな、ナイスリアクションだね!

そして最後になると、驚いたことにみんながテーブルやらダイニングテーブルなどに飾られたお花を花瓶ごと持って帰るのです。

なので、親族友人が去ったあとの会場はきれいさっぱり!

面白いね、メキシコ人。こういうの「もったいない」精神なのかしらね。
c0180773_23414199.jpg




式はそのままお開きになり、私たちは新郎の友人の家へ向かい、そこでまったりとしたムードの2次会。

ダンスでも始まるかと思いきや、ちょっとメキシコ人らしからぬおしゃれに部屋飲みで、そこで友人新婦と少しはゆっくり話ができたし(といってもまだ完全に声は出ていない)、新郎の意外な過去が明らかになったりで楽しめたのでした。



翌日、新郎新婦はつかの間のハネムーンへ出掛け、私は朝からブラブラ散歩。

プエブラの街は空気が清々しくて大好き。

土日はアンティーク市が開かれていて、オアハカにはない胸躍る魅力がいっぱい。

こまごまと買い物を楽しみました。

c0180773_23452054.jpg
c0180773_23455489.jpg

c0180773_23471436.jpg


午後は、友人たちと合流して新郎新婦へのプレゼントを探して繁華街へ。

結局買ったのは食器セット。たぶん10キロ近くある。どうやってカナダに持って帰るんだろう?と思いながらも、彼女らが納得したんだからいいかってことで、それを別の店でラッピングしてもらい、またそれを交互に担いでバスに乗り、郊外の新婦の実家へ。

パパママにコーラをすすめられたが(メキシコ人だからね)、辞退。

新婦はいつもコーラをチョイスしていたけど、ものすごくスリム。いつも体くねくね踊っているような子だし、頭の回転が速くて、しゃべりだしたら止まらないという子でもあるので、そういうところでカロリー消費しているんだろうなと思う。

それぞれ帰省する友人を見送り、プエブラ名物のお菓子を買い込んでいったんホテルへ。

それから近くで夕食。

セントロのほとんどのレストランが日曜日はやっていないのだけど、以前連れて行ってもらったソカロから2、3ブロックの、プエブラらしい造りのPozoleriaがやっていたので迷わずそこへ!

お目当てはもちろん白のポソレ(Pozole)

c0180773_23481166.jpg

食欲もわいてきて、タコスも追加!

これを食べると「メキシコ来たなぁ~!」って思える。ポソレ最高!!


ちなみにオアハカのポソレは赤です。

これで、元気になったのか、翌日オアハカに帰る頃には声も出るようになって、頭もすっきり♪

旅は私の活力剤なり!!


来年はどんな場所で元気をもらえるかな


Click for オアハカ, メキシコ Forecast
[PR]
by chevere2008 | 2010-12-28 00:02 | Mexico